2017年6月23日金曜日

【プラクティスワーク】

長らくシステムトラブルに見舞われていた当メカブログ(泣)

いきなりですが、メカニックにとっての技術向上は永遠のテーマでありライフワークでもあります。

その糸口となるのが個々のメカニックの向上心に委ねられる“プラクティスワーク”。そうそう、これはとっても重要なコトなのです。職業は異なりますがプロのピアニストが練習を1日サボると数年分ウデが落ちるという話を聞いたことがあります。(アタマが悪いのかその計算はよく解りませんでしたが・・)

さて!今日はその現場に潜入してみました!


コレは“ATフィールド”!
ではなく、鉄板です。

我々カスタム屋が使う材料のひとつ。

なんとこの鉄板が・・


タンクになったり・・


フェンダーになったり・・


これは少し素材が違います。


ハーレーの外装の素は鉄板だったなんて!


この魔法に必要な機材が当社本店にあります。


メタルエース!

ではなく“英語車輪”という機材です。




作りたいモノの形状にもよりますが、
このような木型を使用することもあります。

お裁縫でいう型紙ですね。


地道な作業です。

一体どんなタンクが出来るのでしょうか?

つづく。


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

2016年11月5日土曜日

リペア&リペアペイント

本店鷲尾です。

もう11月に入ってしまいました。
すっかり肌寒くなってきて、朝起きるのが
つらくなってきました。体調管理、気を付けていきましょう。

長年乗られているM様ショベルヘッド、O/Hと錆びている部分綺麗にしていきます。




ショベルヘッド以前はシリンダーが鉄なので錆びてきます。



シリンダーヘッドはアルミなのでサンドブラスト&ウェットブラストの2コート仕上げを
していきます。


カーボンも蓄積しています。バルブシート部もカーボン噛みこみ跡が
少しあるので軽くすり合わせしていきます。


ベアリング部計測していきます。



インナープライマリーを止めるねじ山一か所ダメになっていました。


修理しようとしたのでしょうか。タップが折れて残っています。



残ったタップごと削りとって修理していきます。




こっちもつばが無くなっていたのでいっしょに溶接していきます。


綺麗に修理できました。


フライホイールワッシャー摩耗大で交換です。



サイドプレイ調整して


厚みが決まったらかしめていきます。



フライホイールバランス取り、不快な振動は減り
エンジンがスムーズに回るようになります。


ピニオン、カムブッシュ交換してラインリームしていきます。


クランクケース、ボルトの跡が綺麗に段ついてます。


段付き部面研していきます。


オイルポンプ交換でオイルライン追加で穴加工





ギヤラッシュも点検してメカノイズ出ないようにしていきます。


クランクケースは2コートブラスト、シリンダー、タペットブロックはシルバーにペイント
カムカバーはもともとメッキだったのでメッキ剥離をしてポリッシュ仕上げ。







エアクリーナーカバーもメッキ剥離してポリッシュ仕上げ


プライマリーカバーもポリッシュ仕上げ


マフラーもバンク角アップの為、ギリギリまで上に加工。



今回、タンクもPANHEADのものに交換して
艶消しブラックにオールペイント


メーターダッシュは艶有りブラックに仕上げました



ペイント、サンドブラスト、ウェットブラスト各種、ご興味がある方はご相談下さい。










2016年9月13日火曜日

雨ですね

3号シンムラです。

なかなかいい天気の日が少ないですね。今朝もがっつり合羽着て通勤です・・・

週末の運動会が心配な今日この頃。 テルテル坊主でも製作しますか、ワンオフで。


 FXDXチェーンドライブ化します。
チェーン化するのも久しぶりのような気がします。 もちろん改造申請が必要になります。
 外したらとりあえず回りをキレイに!
組んだ後ではやりづらいですからね。

 ここら辺もキレイキレイしてからスプロケットを取り付け。

 キレイにするのはコイツ! モチュールのチェーンクリーンでもOK。
オイルでオイル汚れを落とす、シールを痛めない、多少光る、結構使ってます。

 Rスプロケを仮付けしチェーンラインの確認。

 本組みしました。 チェーンはオーナー様拘りのサンダンスチェーン。
余分なグリスは拭き拭きします。
とてもキレイでかっこいい!


車検でお預りのFLHX  
P/Mの異音点検から進めますと・・・
 やはり逝ってましたインナーレース。 しかもオイルっ毛無し。

 当然ベアリングもアウト!

なんと更にクラッチハブまでアウト! これは予想外。 痛い出費になってしまいます。

とりあえず部品が揃ったらどんどん進めましょう。


VEGAS3